So-net無料ブログ作成

2008 基礎Ⅰ大阪コース 第1回講義 備忘録 [積聚治療 基礎Ⅰ大阪コース]

2008年5月11日(日)、積聚治療基礎Ⅰ大阪コースが始まりました。[わーい(嬉しい顔)]
当日はあいにくの空模様で、私が川口を出発した朝8時ごろはまだ雨が降っていました。[雨]
新幹線に搭乗して静岡を過ぎる頃には雨は上がっていたようでしたが、大阪に着いても重苦しい曇天模様でしたが段々と空が明るくなって太陽が顔を出してくれました。[曇り][晴れ]


講習会開始時刻は13:30からでしたが、少し早めに新大阪駅に到着しました。
JR新大阪駅から市営地下鉄御堂筋線に乗り換えて、昭和町まで約30分かかります。
昭和町から大阪府鍼灸マッサージ師会館まで約5分の道のりです。
大阪府鍼灸マッサージ師会館は閑静な住宅街の中にありました。
少し早めに到着したので、昭和町駅付近を散策しました。興味深いアーケード商店街がすぐそばにあり、歩いてみました。日曜日のせいか半分くらい閉まっていましたが、なかなか温かい雰囲気の通りでしたね~。


13:30には講習生全員が揃い、大阪だけでなく関西・西日本地域での記念すべき第1回目の講習会を始めることができました。[exclamation]
これまで講習会の計画と準備が大変だったので、感慨もひとしおといったところでしょうか。
まず私をはじめメンバーの自己紹介から始め、本日のテーマである気の概念について講義をしました。
これは初めのうち理解しにくいことを多く含んでるので、理論だけの講義だと実感しづらいと思います。
しかし同時に理論をある程度わかっていないと、これから実践する鍼と灸による治療の影響や効果を説明することができないですし、理解するための共通の言語をもつことができません。



それは結局「鍼灸とはなにか」を考えることであり、つまり東洋的な観点から治療をすることの重要性について学ぶことであると言って良いでしょう。
東洋医学は東洋思想に基づく一分野であるのですが、これは現代の考え方からすると発想の転換を求められることが多いといえます。
東洋思想に基づく発想とは、即ち「気の概念」とその現象面を説明する「陰陽観」です。
さらに積聚治療は、気の概念を説明するのに「太極」にまで言及します。一回の聴講では理解しづらいですが、理論と実践の両立によって実感していけると思います。
その第一歩が「腹部接触鍼」という鍼法です。鍼を連続的に接触すると全身に影響を与えることができるのです。特別な力がなくても、正しい理解と実技指導によってやがて誰でもができるようになります。



続く

第2回講義は、5/18()13:30からです。テーマは「接触鍼」です。

当院ご予約の患者様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、5/18()を休診させて戴きます。




[晴れ]
火を使わないお灸です。冷え対策しましょう。 せんねん灸太陽 24個入り セネファ(株) 
使い捨てカイロに比べてコンパクトで、場所をとらずに目立ちません。
火を使わないので、使い方も簡単です。シールをはがして貼り付けるだけ。
冷えを感じる方にお薦めです。手や指先の冷えが気になる方は、肩甲骨の間に貼りましょう。
下半身や足先の冷えが気になる方は、腰や骨盤(仙骨)に貼りましょう。


かとう鍼灸治療院 
Katoh Acupuncture Clinic
加藤浩仁
埼玉県川口市青木3-4-3
当院のホームページにお立ち寄りください。
Click please!!
[ひらめき]http://www005.upp.so-net.ne.jp/katoh-acu-mox/



かとう鍼灸治療院周辺地図を参考にして下さい。
[晴れ]Click please!! http://map.yahoo.co.jp/print?lat=35%2F48%2F33.949&lon=139%2F43%2F37.351&mode=map&pointer=on&memo=%A4%AB%A4%C8%A4%A6%EF%AA%B5%E4%BC%A3%CE%C5%B1%A1%01%A1%A1%BD%BB%BD%EA%A1%A7%BA%EB%B6%CC%B8%A9%C0%EE%B8%FD%BB%D4%C0%C4%CC%DA3-4-3%A1%A1%C5%C5%CF%C3%C8%D6%B9%E6%A1%A7048-259-6586&prop=red_pin&proplat=35.48.33.949&proplon=139.43.37.351&sc=3

 

公共交通機関ご利用の場合は、以下のURLを参考にして下さい。
Click please!!
http://blog.so-net.ne.jp/katoh-acu-mox/archive/20060714

 

積聚会

私が所属している鍼灸治療法の会。
東洋医学に基づく鍼灸の一つの治療法である積聚治療を普及・発展させていこうと頑張っています。
私は、積聚会会員として日々勉強と努力の毎日です。

積聚会事務局は、太子堂鍼灸院内に併設されています。
Click please!!

[ひらめき]http://www.shakuju.com/top.html

 

太子堂鍼灸院
私の師匠である小林詔司先生が院長を務める鍼灸治療院です。
 東京都世田谷区代沢4-7-18小谷田ビル1F
電話・FAX:03-5431-7077
Click please!!  

[ひらめき]http://www31.ocn.ne.jp/~yinyang/



11017412.jpg


[ぴかぴか(新しい)]
『図説 難経 易経と難経』
出版社 宝栄企画
定価 4000円(税別)
著者 西岡由記


出版物問い合わせ先
有限会社 宝栄企画
〒261-0014千葉県千葉市美浜区若葉2-9-2
TEL 043-273-5030(代表)
   043-273-1221
FAX 043-276-0877
購入希望の方は、お手数ですが電話番号043-273-1221(宝栄企画)まで直接お申し込みください。





積聚治療 ~気を動かし冷えを取る~

[晴れ]1987年に東洋医学講座第10巻経絡積聚治療編が出版されてから14年、2001年に医道の日本社から出版された著書。
積聚治療が生まれて20年を経て、進化と深化を重ねた積聚治療を学べます。
東洋的な観点からみた疾病観や病因、病症などについて、積聚治療の新治療方式、実際の臨床に際して症例を併記しています。

医道の日本社より好評発売中

http://www.idononippon.com/inc/product.php?id=1087-X
価格 3,675円(税込)
■ISBN: 4-7529-1087-X
■著  者: 小林詔司
■仕  様: A5判/390頁
■発行年月: 2001/2/10
積聚会事務局または医道の日本社から直接購入できますので、ご利用下さい。
[パンチ]積聚治療 ~気を動かし冷えを取る~




第10巻 Email大.jpg

東洋医学講座第10巻経絡積聚治療編

東洋医学講座 第10巻 経絡積聚治療編

  • 東洋医学講座第10巻経絡積聚治療編;作者: 小林 三剛, 小林 詔司
  • 出版社/メーカー: 自然社(緑書房)
  • 発売日: 2000/01
  • メディア: 単行本


[晴れ]東洋医学講座第10巻経絡積聚治療編は1987年に初版が発行され、現在に至るまで積聚治療を学ぶ上で必須の著書といえます。
治療手順を詳細に解説すると共に、東洋思想の観点から臨床を詳述しています。
実際の臨床に即した施鍼や運鍼、施灸の仕方などひとつひとつの治療の手技を丁寧に解説しています。


[パンチ]東洋医学講座(第10巻) 経絡積聚治療編




第6巻 Email.jpg
東洋医学講座 (第6巻)

東洋医学講座 (第6巻) 取穴編 ~部位別・経穴の正しい取り方~

  • 作者: 小林 詔司
  • 出版社/メーカー: 自然社 (緑書房)
  • 発売日: 2000/01
  • 小林詔司著
    取穴編
  • [晴れ]部位別・経穴の正しい取り方
[パンチ]東洋医学講座 (第6巻) 取穴編 ~部位別・経穴の正しい取り方~





鍼灸の挑戦―自然治癒力を生かす

鍼灸の挑戦―自然治癒力を生かす

  • 作者: 松田 博公
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 新書
[晴れ]この本は、元共同通信社編集委員であり鍼灸師でもある松田博公氏が、日本全国の80名ほどの鍼灸師に取材をし、一冊の本にまとめた力作です。
私が実践している積聚治療と私の師匠である小林詔司先生も、77・78頁に収められています。
[パンチ]鍼灸の挑戦~自然治癒力を生かす~ 岩波文庫




鍼灸師必読の医古典


難経解説

難経解説

  • 著者: 南京中医学院医経教研組

    監訳:戸川芳郎

    訳者:浅川要 井垣清明 石田秀美 勝田正泰 砂岡和子 兵頭明

  • 出版社/メーカー: 東洋学術出版社
  • 発売日: 1987/04
  • メディア: 単行本


[晴れ]難経は黄帝内経素問と霊枢に並ぶ東洋医学の古典です。この難経解説は、南京中医学院医経教研組が編著をした「難経訳釈(上海科学技術出版社)」を翻訳したものです。
この本は、【原文】、【書き下し文】、【語釈】、【現代語訳】、【解説】、【各難の要点】、【訳注】が載っていて、初学者にも理解しやすように構成されています。
お奨めです。

私の学生時代の恩師である浅川要先生が訳者に加わっています。
[パンチ]難経解説 東洋学術出版社





やまい一口メモ―東洋的な健康観のすすめ

やまい一口メモ~東洋的な健康観のすすめ~

  • 作者: 小林 詔司
  • 出版社/メーカー: 太子堂鍼灸院
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本


[晴れ]長年『おちゃのみずだより』に掲載してきましたやまい一口メモが、『やまい一口メモ~東洋的な健康観のすすめ~』として、一般の方向けに加筆補正して出版されました。
既に絶版となった『ツボ療法の別冊』を付加しています。

好評発売中です。


[パンチ]やまい一口メモ ~東洋的な健康観のすすめ~




[晴れ]小曽戸丈夫先生の『意釈シリーズ(築地書館)』が装いも新たに新訂普及版として、たにぐち書店から出版されました。
東洋医学古典の入門としてお薦めです。

[パンチ]新釈 素問 たにぐち書店


新釈 素問 Email小.jpg

新釈 素問/B6版/572頁/2500円(税別)


[パンチ]新釈 霊枢 たにぐち書店

新釈 霊枢 Email小.jpg

新釈 霊枢/B6版/632頁/2500円(税別)


[パンチ]新釈 難経 たにぐち書店

新釈 難経 Email小.jpg

新釈 難経/B6版/352頁/2000円(税別)


[パンチ]新釈 運気 たにぐち書店

新釈 運気 Email小.jpg

新釈 運気/B6版/416頁/2000円(税別)


たにぐち書店
http://t-shoten.com/
〒171-0014東京都豊島区池袋2-49-1
TEL:0120-811-813/03-3980-5536
FAX:0120-811-817/03-3590-3630





 五代目 古今亭志ん生  /  やっぱり“志ん生” 落語コレクション  古今亭志ん生名演集・強情灸







経絡経穴鍼灸模型 ◆


かとう鍼灸治療院 Katoh Acupuncture Clinic


コメント(0)  トラックバック(1) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。