So-net無料ブログ作成
検索選択
治療後の諸注意 After Treating ブログトップ

鍼灸治療後の諸注意についての補足説明 [治療後の諸注意 After Treating]

鍼灸治療(積聚治療)後の諸注意についての補足して、説明いたします。

治療した日の過ごし方について、初診治療後にはいつも話し合いの時間を設けて説明をしています。鍼灸治療を受けた後は、基本的に静かに過ごして戴きたいということを言っています。
特に、運動や重労働、飲酒、徹夜などを控えていただく事には、多くの方にすぐ納得してもらえます。

よく尋ねられる質問に入浴と洗髪を控える事というものがあります。
私が実践している積聚(しゃくじゅ)治療は、気を動かす事により、身体を温め、病気の状態を改善していく鍼灸治療法です。
お風呂は身体を温めるから良いのではないかという疑問をもつのは、当然でしょう。

ここで少し補足の説明をしていこうと思います。
まず、入浴について。
なぜ治療した後に入ることを控えてもらいたいのかというと、鍼灸の治療で動いた気が静まる事を待って欲しいという点が一つ。
これは、お風呂のもっている熱エネルギーが強い、或いは強過ぎるということが、問題になります。
治療直後、気が動いて回復途中の不安定な身体には、お風呂がもつ熱は強過ぎてせっかくの治療効果を帳消しにしてしまいます。
さらに付け加えると、入浴は身体の内臓器を必要以上に温めてしまい、内臓を蒸すことと同じ作用があり、内臓を疲れさせて結果的に冷えを呼び込んでしまうのです。

次にお風呂はどんなに温まっても、水に濡れるという事は身体を冷やす方向にあるということを忘れないで欲しいのです。
湯船の温度は、だいたい41~43℃位でしょうか。気温と比べると夏であれ冬であれ、湯船のほうが高いわけです。水温と気温の差が、さらに身体を冷やしやすい方向へと行きがちです。
こういう事からも、湯船からあがると身体が冷えていく方向にあるということを示しています。

次に洗髪についてです。
先程入浴について述べたように、人間は水に濡れれば冷えていく方向にあります。
特に髪の毛の場合は、身体を芯から冷やしていきます。
治療後については、男性も女性も洗髪を控えていただくのは同じです。

女性の場合、洗髪は特に気をつけていただきたいと思います。
ここでまず、髪の毛の役割について考えてみましょう。
「髪の役目は、頭部の熱の調節です。頭の熱しやすい人では髪が薄くなり、冷やしていけない人では、髪は多いと考えます。

男性に髪のうすい人が多く、女性に髪が多いのは男女の特性の違いを表わしています。」(やまい一口メモ、小林詔司著)
以上のことからみてもわかるように、女性は身体を冷やさないように髪の毛が多いと考えられます。
女性の頻回の洗髪は身体に悪い影響を与えてしまいます。毎日の洗髪も勿論よくありません。
体調が落ちている、疲れている場合なども、洗髪を控えましょう。

さらに付け加えると、生理のときの洗髪は身体にとって芯の冷えにつながりやすいので、控えたほうが良いでしょう。身体を清潔にしたいという気持ちは理解できますが、せめて、一日目だけは洗髪と入浴を控えたほうが良いのです。

人間が身体を回復するためには、時間が必要です。
治療後安静にするという点で、睡眠が特に重要です。
睡眠を十分にとった後は、普段どおりにお過ごし下さい。




[晴れ]
火を使わないお灸で冷え対策しましょう。 せんねん灸太陽 24個入り セネファ(株) 製造:せんねん灸(株)

かとう鍼灸治療院 
Katoh Acupuncture Clinic
加藤浩仁
埼玉県川口市青木3-4-3
当院のホームページにお立ち寄りください。
Click please!!
[ひらめき]http://www005.upp.so-net.ne.jp/katoh-acu-mox/



かとう鍼灸治療院周辺地図を参考にして下さい。
Click please!! http://map.yahoo.co.jp/print?lat=35%2F48%2F33.949&lon=139%2F43%2F37.351&mode=map&pointer=on&memo=%A4%AB%A4%C8%A4%A6%EF%AA%B5%E4%BC%A3%CE%C5%B1%A1%01%A1%A1%BD%BB%BD%EA%A1%A7%BA%EB%B6%CC%B8%A9%C0%EE%B8%FD%BB%D4%C0%C4%CC%DA3-4-3%A1%A1%C5%C5%CF%C3%C8%D6%B9%E6%A1%A7048-259-6586&prop=red_pin&proplat=35.48.33.949&proplon=139.43.37.351&sc=3

 

公共交通機関ご利用の場合は、以下のURLを参考にして下さい。
Click please!!
http://blog.so-net.ne.jp/katoh-acu-mox/archive/20060714

 

積聚会

私が所属している鍼灸治療法の会。
東洋医学に基づく鍼灸の一つの治療法である積聚治療を普及・発展させていこうと頑張っています。
私は積聚治療家として日々勉強と努力の毎日です。



11017412.jpg


[ぴかぴか(新しい)]
『図説 難経 易経と難経』
出版社 宝栄企画
定価 4000円(税別)
著者 西岡由記

出版物問い合わせ先
有限会社 宝栄企画
〒261-0014千葉県千葉市美浜区若葉2-9-2
TEL 043-273-5030(代表)
   043-273-1221
FAX 043-276-0877




積聚治療 ~気を動かし冷えを取る~
1987年に東洋医学講座第10巻経絡積聚治療編が出版されてから14年、2001年に医道の日本社から出版された著書。
積聚治療が生まれて20年を経て、進化と深化を重ねた積聚治療を学べます。
東洋的な観点からみた疾病観や病因、病症などについて、積聚治療の新治療方式、実際の臨床に際して症例を併記しています。
医道の日本社より好評発売中
http://www.idononippon.com/inc/product.php?id=1087-X

■ISBN: 4-7529-1087-X
■著  者: 小林詔司
■仕  様: A5判/390頁
■発行年月: 2001/2/10
積聚会事務局または上記からも購入できます。
[パンチ]積聚治療 ~気を動かし冷えを取る~




東洋医学講座第10巻経絡積聚治療編

東洋医学講座 第10巻 経絡積聚治療編

  • 東洋医学講座第10巻経絡積聚治療編;作者: 小林 三剛, 小林 詔司
  • 出版社/メーカー: 自然社(緑書房)
  • 発売日: 2000/01
  • メディア: 単行本

東洋医学講座第10巻経絡積聚治療編は1987年に初版が発行され、現在に至るまで積聚治療を学ぶ上で必須の著書といえます。
治療手順を詳細に解説すると共に、東洋思想の観点から臨床を詳述しています。
実際の臨床に即した施鍼や運鍼、施灸の仕方などひとつひとつの治療の手技を丁寧に解説しています。


[パンチ]東洋医学講座(第10巻) 経絡積聚治療編



東洋医学講座 (第6巻)

東洋医学講座 (第6巻) 取穴編 ~部位別・経穴の正しい取り方~

  • 作者: 小林 詔司
  • 出版社/メーカー: 自然社 (緑書房)
  • 発売日: 2000/01
  • 小林詔司著 取穴編
  • 部位別・経穴の正しい取り方
[パンチ]東洋医学講座 (第6巻) 取穴編 ~部位別・経穴の正しい取り方~
鍼灸の挑戦―自然治癒力を生かす

鍼灸の挑戦―自然治癒力を生かす

  • 作者: 松田 博公
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 新書
この本は、元共同通信社編集委員であり鍼灸師でもある松田博公氏が、日本全国の80名ほどの鍼灸師に取材をし、一冊の本にまとめた力作です。
私が実践している積聚治療と私の師匠である小林詔司先生も、77・78頁に収められています。
[パンチ]鍼灸の挑戦~自然治癒力を生かす~
鍼灸師必読の医古典
難経解説
難経解説
  • 著者: 南京中医学院医経教研組
    監訳:戸川芳郎
    訳者:浅川要 井垣清明 石田秀美 勝田正泰 砂岡和子 兵頭明
  • 出版社/メーカー: 東洋学術出版社
  • 発売日: 1987/04
  • メディア: 単行本


難経は黄帝内経素問と霊枢に並ぶ東洋医学の古典です。この難経解説は、南京中医学院医経教研組が編著をした「難経訳釈(上海科学技術出版社)」を翻訳したものです。

この本は、【原文】、【書き下し文】、【語釈】、【現代語訳】、【解説】、【各難の要点】、【訳注】が載っていて、初学者にも理解しやすように構成されています。
お奨めです。[ひらめき]

私の学生時代の恩師である浅川要先生が訳者に加わっています。

[パンチ]難経解説 東洋学術出版社




やまい一口メモ―東洋的な健康観のすすめ

やまい一口メモ~東洋的な健康観のすすめ~

  • 作者: 小林 詔司
  • 出版社/メーカー: 太子堂鍼灸院
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本
長年『おちゃのみずだより』に掲載してきましたやまい一口メモが、『やまい一口メモ~東洋的な健康観のすすめ~』として、一般の方向けに加筆補正して出版されました。
既に絶版となった『ツボ療法の別冊』を付加しています。 [ひらめき]好評発売中です。


[パンチ]やまい一口メモ ~東洋的な健康観のすすめ~



小曽戸丈夫先生の『意釈シリーズ(築地書館)』が装いも新たに新訂普及版として、たにぐち書店から出版されました。
[ひらめき]東洋医学古典の入門としてお薦めです。


[パンチ]新釈 素問 たにぐち書店

[パンチ]新釈 霊枢 たにぐち書店

[パンチ]新釈 難経 たにぐち書店

[パンチ]新釈 運気 たにぐち書店

たにぐち書店
http://t-shoten.com/
〒171-0014
東京都豊島区池袋2-69-10
TEL:0120-811-813/03-3980-5536
FAX:0120-811-817/03-3590-3630



 五代目 古今亭志ん生  /  やっぱり“志ん生” 落語コレクション  古今亭志ん生名演集・強情灸





経絡経穴鍼灸模型 ◆お届けに1週間~2週間程お時間を頂く場合がございます


かとう鍼灸治療院 Katoh Acupuncture Clinic


nice!(0)  コメント(0) 
治療後の諸注意 After Treating ブログトップ
メッセージを送る
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。